広島医療問題研究会は医療過誤を専門とする弁護士の研究会です。

ご相談・お問い合わせ窓口 受付時間 10:00〜12:00 13:00〜17:00(平日・月~金曜日)

新着情報

2019年10月12日(土)第15回 医療事故全国一斉相談受付

2019年10月01日

2019年10月12日(土)に医療事故全国一斉相談受付を実施します。

電話受付時間は、午前10時~午後3時までです。

医療事故に遭った(その可能性がある)患者さんやご家族で、相談先を探しておられる方々に法律相談のきっかけをご提供するとともに、運用開始から5年目を迎えた医療事故調査制度の運用実態の把握の契機とできればと考えております。

ご自身やご家族等が医療事故に遭われた(その可能性がある)と思われている方は、それぞれお近くの電話受付窓口(受付窓口一覧参照)までお電話ください。

★広島医療問題研究会 電話受付窓口  TEL:082-511-7798

https://www.mmic-japan.net/activity/consultation/

 

→ 16件の相談がありました。

第90回例会報告20190829

2019年09月01日

第90回例会

2019年8月29日(木)18時~20時

1 判例研究

広島高等裁判所岡山支部平成30年7月26日判決(低酸素性虚血性脳症による脳性麻痺の障害が残ったことに関し,病院の医師及び助産師に対し,①分娩監視を適切に行わなかった過失,②帝王切開が遅れた過失,③蘇生措置を適切に行わなかった過失があるとして,損害賠償を求めた事例)を検討しました。

2 事例検討

・卵巣癌の発見遅れが懸念される事案を検討しました。

・他

第89回例会報告20190719

2019年07月23日

第89回例会

2019年7月19日(金)18時~19時30分

1 判例研究

東京高判平成30年9月12日判決(リハビリ目的で転院した病院において、患者が、仙骨部褥瘡(2度)を発症したにも関わらず、病院側においてこれを看過し、その後同褥瘡が最重症の4度まで悪化した結果、同褥瘡が治癒することなく患者が死亡した事例)を検討しました。

2 事例検討

・白色痰により窒息死した事案を検討しました。

・肺がんの診断が遅れたことが懸念される事案を検討しました。

3 報告

・心筋梗塞を逆流性食道炎と誤診した事例につき、裁判所での和解が報告されました。

第88回例会報告20190613

2019年06月20日

第88回例会

2019年6月13日(木)18時~20時

1 報告

2019年5月25日にウインクあいちで行われた医療問題弁護団・研究会事務局長連絡会の活動報告や医療事故調査制度に関するシンポジウムの概要について、出席会員による会内報告を実施しました。

2 事例検討

・髄膜炎の診断遅れ等が問題とされる事案を検討しました。

ホームページを作成しました

2019年04月26日

広島医療問題研究会のホームページを作成しました。